MENU

ニチイの介護職員初任者研修受講の流れ〈自宅学習〉

ニチイの介護職員初任者研修の受講期間は4ヶ月程度です。
受講手続きが完了すると、まずは教材が自宅に届けられますので、
学習ガイドブックをしっかりと読んで講座を受講している際の注意点や学習の進め方について確認してください。

 

その後は自宅学習とスクーリングを同時進行していきます。
自宅学習で疑問に思った事はスクーリングの際に講師に質問することができますし、
スクーリングの際に学んだ事は自宅でしっかり復習をすることで知識をしっかりと身に付けて行きます。

自宅学習について

まず自宅学習ですが、こちらは通信教育となっています。
学習に必要は時間はおよそ36時間となっていますが、これはあくまでも目安であり、個人のペースによって変わります。

 

初めに学習ガイドブックを確認して学習計画を立てることから始めます。
テキストは5冊ありますが、市販のテキストではなく、
ニチイのオリジナルの教材で、介護の現場の情報がぎっしりと詰め込まれています。
とても分かりやすく使いやすいと評判で、
修了後に即戦力になれる人材を育成することを目的にしっかりとした内容になっているので意欲がわいてくると思います。

 

テキストの詳しい内容は、以下の通りです。

 

テキスト1

介護を職務として捉え、介護の基本を学びます。
職務理解、介護に置ける尊厳の保持と自立の支援、介護の基本などの項目があります。

 

テキスト2

介護・福祉サービスについてきちんと理解し、コミュニケーションスキルについて学びます。
介護・福祉サービスの理解及び医療との連携、介護現場でのコミュニケーションスキル、老化についての理解などの項目があります。

 

テキスト3

生活支援技術や障害・認知症の理解について学びます。
障害の理解、認知症の理解、家事と生活、介護における基本的な考え方、住み良い住環境の整備と介護などの項目があります。

 

テキスト4

体と心のしくみと自立支援介護への理解について学びます。
移動・移乗や整容、食事や入浴、排泄、睡眠などの項目があります。

 

テキスト5

総合生活支援技術の演習およびテキストで学んだ内容について振り返ります。

 

 

 

自宅学習では介護の基礎知識を自分のペースで習得していきます。
テキストを使って自分で学習していくので、平日は忙しい社会人の方でも週末にまとめて勉強したり、
1日に数時間ずつでもライフスタイルに合わせて知識を身に付けることが可能です。

 

なお、受講中に4回レポート問題を提出する必要があります。
このレポート問題は、どれだけテキストを理解しているか把握するためのものですが、
レポートの問題はテキストにしっかり対応しているものばかりですし、
基本的にテキストを読みながら問題を解くことができるので安心してください。

 

レポートでわからない点などがあれば講師がしっかり指導してくれますし、
講師によって丁寧に添削してもらえますので、しっかりと知識を定着させることができます。
また、ただ、添削するだけではなく、何故間違えてしまったのか、
テキストのどの部分を見て復習すれば効果的かについてもアドバイスしてもらえます。