介護職員初任者研修の資格を安く取得する方法

MENU

介護や福祉の仕事

介護の仕事や福祉の仕事にふさわしい人というのは、
どのような人なのでしょうか?

 

やはり人を相手にする仕事ですから、
人と触れ合うことが好きな人でなければつとまりません。

 

では、自分は人付き合いが苦手だと思っている人は、
介護の仕事や福祉の仕事に就けないか?というとそうではありません。

 

周りの環境や自分の心がけ次第で、
「人付き合いが苦手」という意識が変わるかもしれません。

介護や福祉の仕事はきつい?

介護や福祉の仕事はきついというイメージがあります。

 

ですが、実際に働いている人に話を聞いてみると、
「きつい」というよりも「やりがいがある。」という人が多いです。

 

確かに、普通の事務職と比べたら、きついかもしれませんし、
人の命に触れる仕事ですから、辛いと感じることもあるでしょう。

 

ですが、感じ方は人それぞれです。

 

一般の企業で他の職場を経験してきた人の中には、
「思っていたほど大変な仕事ではない。」という人もいます。

 

体力的な部分についても、一般企業にいても、外回りの営業職や、
工事現場等で立ちっぱなしの仕事をしている人は、
「つらい仕事」だと感じているかもしれません。

 

介護の仕事は「腰を痛める」ともいわれていますが、
腰を痛める仕事は介護の仕事だけではありません。

 

介護の仕事をしていない人でも、
腰が悪い人はいくらでもいます。

 

ですから、一概に介護の仕事だけが「キツイ仕事」ということはできないのです。

 

お給料を貰っている以上は、健康管理も仕事のうちで、
自分のからだに責任を持ちながら仕事をしていくことが必要です。

 

これは介護や福祉の仕事だけでなく、
どんな仕事にも共通していえることです。

 

最近の福祉や介護の業界は、あらゆる意味で厳しくなっています。

 

経営も厳しい状態のところが多く、
利用者や家族の権利意識も高くなり、
不可抗力の事故であっても周囲やマスコミから厳しい批判を受けることもあります。

 

ですが、そのような辛さにも増して、
「やりがいと感動」を感じることができるからこそ、
介護や福祉の職場で笑顔でがんばることができる人がたくさんいるのです。

介護や福祉の仕事は離職率が高い?

テレビや雑誌等のメディアで、介護や福祉の業界は「離職率が高い。」といわれています。

 

仕事の内容がキツいから、給料が安いから・・・という理由で、
介護や福祉の業界は離職率が高いなんていわれているわけですが、
厚生労働省の調査結果を見てみれば、離職率は平均並みで、
特に介護・福祉業界が高いと言うわけではありません。

介護や福祉の仕事は汚い?

介護や福祉の仕事では、入浴介助や排泄介助などがあります。

 

ですから、「汚い仕事」というイメージを持ってしまいがちです。

 

しかし、介護や福祉では、ヒトの生活全てのことについて、
利用者をサポートしながら、自らも学んでいきます。

 

食べる事から排泄する事まで関わっていきます。

 

自分が、利用者の立場になったとしましょう。

 

そのときは、介護職の人に全裸を見られ、
下の世話をしてもらわなければなりません。

 

どんなに恥ずかしい気持ちがあったとしても、
誰かに手伝ってもらわなければなりません。

 

その気持ちを思うと、「汚い」なんていう言葉は失礼です。

 

食べる事、排泄する事、身体をキレイにする事・・・
全ては人間生活の自然な営みです。

 

ヒトは、歳をとるにつれて、食事をしたり排泄をすることが難しくなってきます。

 

それは、全体的な体の筋力が衰えるからで、
機能的に飲み込む力や出す力が低下するからです。

 

ものを食べる力、老廃物を排泄する力はどちらもヒトの生活にとって
欠かすことができない力です。

 

ですから、食が細い利用者さんの食欲が増進したり、
便秘の人に排便が見られるなどすれば、
介護職のスタッフも自分のことのように喜びます。

 

つまり、介護や福祉の仕事は、
ヒトの当たり前だと思っていた行為が喜びにつながる職場なのです。

外国人介護福祉士の受け入れ

近年、海外からの外国人介護福祉士や看護師など、
外国人労働者受け入れの問題がクローズアップされています。

 

現代の日本では、高齢化が急速に進んでいます。

 

そして、労働人口が減り、恒常的な人事不足になることが予測され、
慢性的な人手不足が問題となっていた介護・福祉の現場では、
外国人労働者受け入れが制度化されています。

 

現時点では、フィリピンやマレーシアから、
日本での介護福祉士や看護師をめざし、1000名近い人たちが来日し、
福祉、介護、医療の現場で働いています。

 

介護や福祉、看護の現場では、コミュニケーションがとても重要です。

 

母国語の異なる外国人労働者の受け入れによって、
どのような結果をもたらすのかは未知数ですが、
ポジティブに考えたいですし、
良い結果を期待したいと思います。

介護や福祉で「死」と向き合うのは辛すぎる?

ある介護士さんは、「高齢者施設では「死」は避けられないが、
自分はそこから「生きる事」を学んだ。」とおっしゃっています。

 

「死」は、自分のこととしても、他人のこととしても、
できることなら避けて通りたい事です。

 

ですが、この「死」という「現実」からは、
深く考えさせられることがたくさんあります。

 

ヒトの「死」という現実に向き合うことは、
決してマイナスなことではありません。

 

「死」を見つめる事は「生」を考える事ですし、
「死」は、どんな人にも必ず訪れることです。

 

だからこそ、今を一生懸命に生きなくては・・・。

 

介護や福祉の仕事で「死」と向き合うのは、
単に辛いということではなく、
そんなことを考えさせられる現場なのです。

介護の仕事、福祉の仕事の就職状況

介護、福祉業界へ就職したいと思ったら、
高校生のうちから福祉・介護の勉強をすることができますし、
うまくいけば、高校卒業後すぐに福祉の現場で
正職員として働くことが可能です。

 

専門の課程を修了し、介護施設において最低限必要な資格を取れば、
介護福祉士国歌試験の受験資格を得ることができるので、
今まで他の仕事をしていた人、定年退職前の人でも、
正職員として転職することもできます。

 

高齢化に伴い、福祉・介護の現場では、
職場としての受け皿がドンドン広がっています。

 

また、少子化に伴う人手不足のため、
求人の年齢層も幅広くなっています。

 

3〜4ヶ月の通信教育で、比較的容易に取ることができる資格で、
広く門戸が広いている世界への就職が可能です。